【コラム Lesson.1】やりすぎない

「がんばり屋さん」と言われて嬉しいですか? そんな自分に中毒しているだけなのかも。
今回は、元がんばり屋さんのお話です。

ヨガを習い始めた頃。

ヨガ後の開放感が気持ちよくて、「もっともっと」とヨガをしていた時期がありました。
毎朝5時に起きて、6時から始まるヨガスタジオに行き、8時にヨガを終わらせて9時から仕事。
夜遅くまで残業して深夜に帰宅。
「ヨガをしていれば健康!」という変な自信から、すがるようにヨガをしていました。

でも、実際には、心も身体もボロボロになって会社を辞めることになりました。
あの時期を振り返ると、ヨガに、そして「がんばっている自分」に中毒していたのだと思います。

誰もがもっている「もっともっと」という欲求は、悪いことではありません。
ただ、ストレスを解放するために、仕事をし過ぎたり、食べ過ぎたり、買い物をし過ぎたり、身体を動かし過ぎても最後には自分の身を滅ぼすだけ。

中毒するくらいエネルギーが充分にあるのは素晴らしいことですが、そのエネルギーを適切な方向に向けないと、幸せな状態からはほど遠くなってしまいます。

そう感じるようになってから、私のヨガの練習が変わりました。
「ほどほど」とまではいきませんが、体調や気分に合わせてヨガをするようになりました。
お陰で「がんばり屋さん」は卒業。のんびり自分のペースを心がけています。
ヨガで何を感じるかは人それぞれ。あなたは何を感じるでしょう?
さあ、心を落ち着けて、ポーズを取ってみましょう。