【コラムLesson.2】 手放そう

情報が溢れかえっている現代。「あれも」「これも」と眼が移りがちですが、本当に欲しいものは何? 今回は外に答えを探すのをやめた人のお話です。
会社を辞めた時期、急かされるように自己啓発セミナーに出ていました。

「成功」という言葉に踊らされて、約1年、セミナー漬けで家にも帰らない日々。
コーチング、成功哲学、能力開発・・・。

今考えると、それまで溜まったエネルギーを発散するように、外に答えを求めていました。
でも、不思議と「何がしたいの?」と問われると「ヨガ」と答えていました。
だったらヨガをすればいいのに、別の方向にエネルギーを使っていました。
そしてやっとヨガを伝え始めたのは一年前。そう、幸せの青い鳥は目の前にいたのです。

私は、あの1年間で、溜まっていたエネルギーを流してしまいました。
ここで言う「エネルギー」とは、

「時間」「体力」「気力」「お金」「意識」

など。8年間のサラリーマン生活で、すべてが凝り固まって、本当の自分が見えなくなりました。
だから、この時期に古いものを「流す」ことが必要だったのだと思います。
次のステップに進むためには、古いものを手放すことが大切なのです。

それに気づいてから、私はヨガがますます好きになり、広い意味でヨガを捉えられるようになりました。
私にとってヨガは、エネルギーをコントロールすることを学ぶツールです。
マットの上で、呼吸やアーサナ(ポーズ)の練習をすることは、
マットの外で起きる出来事の対処方法を学ぶことにつながり、
不思議とマットの上で気づきが起こります。

身体と心がリンクしてくるようになるのです。
では、静かに目を閉じて、呼吸に耳を傾けてみてください。ヨガの時間です。