はじめに〜美人って、何でしょう?〜

美人って、なんでしょう?
やせている人のことでしょうか?
目鼻だちが整っている人のことでしょうか?

「やせている」ことと「引き締まっている」ことは、似ているようで全く違います。

ただやせているだけの体は早く年をとります。

でも、引き締まった体はいつまでも若々しく活動的でいられるのです。

おそらく美人とは、若い時期のほんの一瞬だけ、やせていたり、目鼻だちが整っていたりすることではなく、
いくつになっても全身からエネルギーがあふれ、キラキラと輝いていることなのだと思います。

 

「25歳はお肌の曲がり角」といわれますが、変わってくるのは肌だけではありません。

当然、内蔵も筋肉も年齢とともに機能が低下し始め、内蔵は70代では30代の半分くらいに、
筋肉は3〜4割減ってしまいます。

20代は多少無理をしてもすぐに回復して元どおりになりますが、自分の体を粗末に扱い続けていると、
体調不良を起こしやすくなるだけでなく、体形も崩れてしまうのです。

でも、毎日少しずつでも体や心のお手入れをすることで、いつまでもいい状態を保つことができます。

これこそが、ヨガを続ける意味だと思います。

 

年齢を重ねても美しく魅力的でいるためには、内側も外側もバランスよく整えることが大切です。

美しい人は歯磨きや洗顔をするのと同じように、日々のお手入れ=「ヨガ」を習慣にしています。

継続することで大きな差がでてくるのが、ヨガの特徴。

始めるのに「遅い」ということはありません。

人はいくつからでも輝くことができます。

ヨガサロン紬で一緒に、若々しく活動的な体を手に入れませんか?