ヨガを安全に自分らしく楽しむコツ(3)

 

こんにちは、少人数制&個人レッスンのヨガサロン紬@中野区の今井順子です。

我が家は4人家族。4歳の娘と、5ヶ月の息子がいます。

先週から離乳食が始まったばかりの息子。

「皆と同じように食べられるんだ〜!」という感激いっぱいの様子、とっても可愛らしいんです。

初めてという経験を大切にしたいなぁ〜と感じています。

 

 

さて、引き続きコツ特集。前回のコツも楽しんでいただけたでしょうか?

 

今回は、前回ちょっとキーワードで出てきた「意味のない完璧主義」を防止するコツ。

思い当たり節がありませんか?

 

ヨガだけでなく、人生全般で「完璧主義」に陥ってしまう人って、私だけではないはずです。

これが重症だと、ヨガを楽しめなくなるだけでなく、体調を崩したり、怪我をしたり、夫婦喧嘩に陥ってしまうことも。

ドツボにハマらないために、どうしたらいいのでしょう?

 

【コツ3】「痛い!」「つらい!」という自分の限界に挑戦しない。「目一杯」がんばりすぎない。

ヨガは、自分の限界に挑戦するためのものではありません。

自分の人生を楽しくするためのもの、元気で健康になるためのものです。

 

 

さらに、つらいポーズをついついがんばりすぎてしまう人は、普段の生活や育児、仕事、勉強でも自分のできる以上に無理をしているかもしれません。

でもね、その努力は意味のないことかもしれませんよ。

 

身体の声に耳を傾けて、「無理しすぎないこと」をヨガで練習してみてください。

ヨガでそれができるようになると、普段の生活・ライフスタイルにもいい影響がでてくるはずです。

 

私も完璧主義のヨガをやめて、「時短ヨガ」「ずぼらヨガ」で自分らしいヨガを楽しんでいます。

いっしょに楽しいヨガはじめましょう!