いつでも始められる 心も体もスッキリ らくらく簡単ヨガ (1)

らくらく簡単ヨガをしてみませんか

ヨガと聞くと「私は体が硬いから…」という方がたくさんいらっしゃいます。

ヨガは、逆立ちをしたり体を思いっきり曲げたりするものと思っていませんか。

実はヨガのポーズは何百種類もあり、これらはほんの一部。

体が硬い人、体を動かすのが苦手な方でも、すき間時間に、簡単に取り組めるものがたくさんあります。

短時間だからと侮るなかれ。意外とスッキリするうですよ。

ちょっと試してみませんか?

ヨガって、なに?
ヨガの要素と、ヨガを始めると、こんなにいいこと。

ヨガの語源はサンスクリット語で「つなぐ」という意味の「yuju(ユジュ)」。

インドで始まった健康法、心身をつないで調和させるのが最終ゴールです。

そのためのポイントをご紹介します。

ポーズ

血液の流れがよくなり、疲れが緩和

ヨガのポーズを行うと筋肉の緊張がほぐれ、血液の流れが促進されます。

その結果、体の隅々まで栄養や酸素が届くようになり、疲れの緩和や体力の向上につながります。

リラクゼーション

心身がリラックスして眠りの質がアップ

体と心が緊張しているままだと脳の覚醒度が上がり、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりします。

ヨガを行うと心身がリラックスし、良質な眠りが得られやすくなります。

また自律神経が整うので、自ずと疲れがとれやすい体質になります。

瞑想・ポジティブ思考

頭がスッキリ! 集中力が上がり、ストレスがたまらなくなります

頭がスッキリするので、思考がまとまりやすく、いいアイディアが浮かびやすくなります。

また、体や心の声に耳を傾けることで、不安や悩みから意識が離れます。

何ものにもとらわれない自由で明るい気持ちになり、集中力が上がり、ポジティブな思考になっていきます。

呼吸

呼吸が深くなり、

血管がゆるんで心拍数や血圧が低下

呼吸は、意識するだけで深くなります。

さらに、体の動きと呼吸を合わせると、全身をつかって深い呼吸ができるようになります。

また、息を深く吸ってゆっくり吐くヨガの呼吸を行うと、副交感神経の働きが高まると言われています。

その結果、血管が広がり、心拍数や血圧が低下し、全身の血流がよくなります。

自律神経のバランスも整うので、気持ちの面でも快適に過ごせるようになります。

最新情報をチェックしよう!