【産後2〜3ヶ月 前編】自分の体を大事に扱おう

こんにちは、ヨガサロン紬@東京都中野区の今井順子です。
梅雨のジメジメが続きますね。

最近のマイブームはお洗濯。
乾燥機がない我が家でも、どうやったら乾くかを毎日工夫しています。
サーキュレーターや除湿機をフル活動したり、
家族全員の生活リズムを調整して洗濯時間を変えたり・・・、
よく考えると、工夫しどころがいっぱい!
家族みんなが気持ち良い生活を過ごせるようにするのも、ひとつのヨガですよね

さて、「産後ママのためのヨガ講座」
今回は、産後2〜3ヶ月です。

動けない1ヶ月が終わって「やっと体が動かせる!」とウズウズし始めているとおもいます。

そう、体力はだいぶ回復してくるので、スタイルアップを目指すママは運動を取り入れていきましょう!
ただし無理は禁物。体力の限界を見極めつつ、「自分の体を大切に扱うこと」を忘れないでくださいね。

産後2〜3ヶ月のママへ

体の状態

・ 母乳は出るようになったけど、昼夜問わず数時間あきの授乳やおむつ替えで睡眠不足。ものすごーく眠い時期!

・お腹のたるみ、関節のぐらつき、抜け毛が目立ことが気になり始める。

・ 頭痛、肩こり、腰痛、恥骨痛など、体中が痛い!と感じることも。
 ストレッチやヨガで、まずはほぐすこと。
 近くの整体やマッサージなどを受診することもオススメ。

・ 乳腺炎や乳腺のトラブルが起きやすいので、脂っぽいものは要注意!
(私はこの時期、クリスマスケーキを食べたら夜中におっぱいが痛くなって大変なことになりまた(泣))

・ 産後6〜8週間で子宮は元の大きさに戻り、悪露もなくなる。

心の状態

・赤ちゃんが「にこっ」としたり、体を動かしたりしてくれる!と反応が出てきて接するのが楽しい。

・産後のホルモンの変化で不安定になりやすい。
 不必要なことで、旦那さんと喧嘩したりするのもこの時期。
 精神的なストレスを抱えやすくなっていると自覚して!

・お手伝いしてくれた母親などが帰ってしまったり、帰省先から戻る。
 そうなると、昼間は家で赤ちゃんと二人きりの生活。
 今までとは違う生活リズムで疲れがたまり、一人で不安を抱えてしまうことも

そう、イライラする自分を責めたりする場合は、無理しないこと!
パートナーや周りの人にサポートしてもうことが大切です!
赤ちゃんのことを大切にするように、自分も大切に扱うことが心の安定につながります。

私のこの時期のことを思い出すと、鬱々していたなぁ〜なんて感じます。
とくに一人目の時期! 
11月に出産して12月に保育園に入れる申請をしました。
その後結果がでる2月まで、本当に不安で不安で。

それを乗り越えるのに、ヨガと旦那、さらに友達に助けてもらいました。
ありがとう!

次回は、【産後2〜3ヶ月 中編】で過ごし方のアドバイスです。