ヨガのインストラクターが、産前産後に本気でやっていること(2)

こんにちは、少人数制&個人レッスンのヨガサロン紬@中野区の今井順子です。

前回は、身体の回復に重要な「睡眠」についてお話ししました。

「分かっちゃいるけど、眠る時間が取れない!」という方も多いと思います。私もそうでした。

時間って作るのが難しいですよね。とくに、働いていたり、子どもがいたりしたら。

だから私が、産前産後に本気でやったことは「時間を作ること」でした。

 

主婦の時間をつくるには、家事&育児を見直すことが一番。でもどうやって?

私が参考にしたのがこの本! ママヨガに通ってくださったママさんからご紹介いただきました。

 

3人子持ち働く母の「追われない家事」 尾崎友吏子著

 

読んでみてビックリ。

著者の方は、建築士として働いていて3人の息子さんがいるにも関わらず、毎朝ヨガをしているんですって!

ヨガのインストラクターとして恥ずかしいのですが、二人目が産まれてからなかなか自分の時間がとれず、習慣にしていた朝ヨガをサボっていたのです。

こりゃまずい! インストラクターとして恥ずかしい! ヨガする時間がないなんて、生徒さんにバレたら大変(笑)!

危機感を感じて、さっそく真似できるところから始めてみました。そしたら、ちょっとづつ家事が楽になった。やっぱり「時短のプロ」から習うコツは違いました。

さらに自分流にアレンジして、現在私がやっているのは…

  1. 浅漬けつくっとく作戦
    「とりあえず」できるレパートリーを作りました。まずは浅漬け! 浅漬けの素を買ってきて、キュウリや大根・ミニトマトを切って浸けるだけ。意外に娘が気に入って、「ママ美味しい!」とポリポリ食べてくれます。本当はぬか漬けしたいけど、もうちょっと時間ができたらのお楽しみに取ってあります。
  2. お気に入りの冷凍食品は、宅配で!作戦
    二人目の妊娠を機にコープに入りました。でも、毎回チラシを見るのは大変。なので、「これは鉄板!」という冷凍食品を買っておくことに。うちは、冷凍餃子や揚げ物が娘も旦那も気に入ってくれたので、それを毎回頼んでいます。これがあるだけで、「今夜何作ろう」が減りました。
  3. 苦手なお風呂層掃除は、週末重層で!作成
    苦手なお掃除。とくに私の苦手は風呂掃除です。浴槽用洗剤の化学的な臭いが苦手なので、ついつい先延ばしになりがちでした。それを重層をつかう掃除に変えたら、臭いが気にならなくなって気楽にできるようになりました。エコっぽいし、気持ちもいい!

 

上手な方のやり方を参考にすると、意外にすんなり時間が作れるものです。

「身体のケアしたいけど時間がない」という方ほど、やってみると効果がでますよ!

私はこれで、ヨガする時間をとりもどしました(笑)。