どうしてママのお腹は、ポッコリしていないの?

こんにちは、ヨガサロン紬の今井順子です。
先週の金曜日、2月2日は夜から昨日の朝にかけて、都内は雪が降りました。

5歳の娘は保育園をお休みして、朝からパパと雪だるまつくりを楽しみ、雪を満喫しました。
3人で「積もるかなぁ?」と思っていましたが、午後になったらさぁっと雪が溶けてしまいましたね。

さて、うちの娘が先日から、面白いことを言ってくれました。

「ママのお腹は、どうしてポッコリしていないの?」

実は、娘は完全な幼児体型。胴体は立派な洋梨型です。
いつも私と主人に「お腹、ポッコリだね〜」と言われて気にしていたようなのです。可愛いですね。
娘から言われて、はたと考えました。
私は、お腹がポッコリしないのが当たり前だと感じていたので、考えることもなかったのです。

それで、私が娘にどう答えたか?

「だって、大人だから」

でも、これって答えになっていないですよね。娘にも「〇〇ちゃんのママはお腹ポッコリしているって」と、言われちゃいました。
「そうねぇ、大人になっても、お腹が出ている人はたくさんいるものね」

「ママは、お腹が出ないように意識しているからよ」

これでも若い頃は、お腹が6つに割れそうなくらい頑張っていました(笑)。
今は、ちょっと緩みがちですが、でもポッコリはしていません。
それは、常に(とは言い過ぎかもしれませんが)お腹を引き締めるように意識しているから。
さらに、お腹を引き締めるエクササイズが大好きです!
ヨガのポーズはもちろん、テレビや雑誌でもそういう話題を見つけたら、見逃しません。
二人出産しても、ポッコリお腹はNG!!
と思って、日々探求しています。

せっかくここまで読んでいただいたので、私の「速攻ポッコリお腹解消法」をご紹介します。
ちょっとお腹が緩んできたと思ったら、

・腕立て伏せ10回
・腹筋20回
・スクワット30回

これだけでもやってみてください。筋肉を呼び覚ますだけで、身体は変わります。
これで身体を感じ始めたら、体と心をかえる第一歩。一日スッキリ過ごせますよ。