時短ヨガでお弁当作りと両立。

 

こんにちは、ヨガサロン紬の今井順子です。
春ですね。近くの中野通りは、桜が満開です!

 

こう暖かい時期になると体を動かしたくなりますね。
ヨガのレッスンをする場合、寒い冬はまず体をほぐすところからはじめます。
でも、これだけ暖かいならば、すぐに体の準備が整って、ヨガのポーズに入ります。
大きく動くポーズも、体が伸びやすくて、冬の時期より気持ちよく感じられます。

 

さて、私の変化としては、娘が4月から小学生になります。
4月8日が入学式なので、1日から一週間はお弁当を持って学童に通うことに。

そのため、毎朝1時間早起きしてお弁当作り生活が始まっています。
今日のお弁当はこんな感じ。頑張ったわー。

 

 

本来朝は自分のヨガ練習タイム。7時半から30分ほど体を動かすのが日課でした。
ですが、この時期は、お弁当作り優先のため時間が取れません。

「なら、どの時間に体を動かす!?」とひねり出したが「夜ヨガ+朝ヨガ」の時短ヨガ

夜は、子供を寝かしつけた後に、お風呂に入ってヨガしています。10分程度かな。
朝は5分!頑張っても10分! これだけ取るのも必死です。
でも、朝に体を動かさないと一日持たないのです。やっぱり朝ヨガは大事。

この時短ヨガは意外に良いのでヨガレッスンでご紹介しています。
ふふ、内容はコアトレ中心なの。意外でしょ。軸作りを大切にしています。
お尻の筋肉をつけて、ウエスト周りをほっそりさせるタイプ。

興味がある方、ぜひいらっしゃってくださいね。ご紹介しますよ。